レモン

「青汁まずい!」はもう古い?今や、青汁はおいしい時代の巻

レモン

青汁にレモン?青汁の青臭さにレモンはどれだけの効果があるのでしょうか?

 

では、レモンの効果についてまずは考えてみましょう。
レモンと言えば、まずはビタミンCというイメージがありますが、レモンとはかなりお利口な果物なのです。
レモンの栄養素は、ビタミンCだけではなく、クエン酸も有名な栄養素です。
クエン酸は、疲労回復効果があると言われています。
スポーツの後の疲労回復には特にいいようで、よくはちみつレモンを持参する場合がありますが、ちゃんと理にかなっているのですね。
それ以外にも、漂白効果と言ってお肌の色が白くなる作用があります。
まさしく、美にも効果絶大というわけなのです。

 

ということで、紅茶に用いたり、料理の際にも絞ったりして使うのです。
ステーキの上に乗っていたり、揚げ物に絞ったりして使いますね。
青汁ですと、栄養価が高くてもおいしく飲めないといけませんから、レモンはよく使われているようです。
その中でも、グリーンハウスのレモンの青汁という商品があるのですが、ネーミングにもレモンを用いているだけあって、レモンの効果がしっかり感じられる青汁ということになります。
子供でも飲みやすい上に、2袋の摂取で1日分のビタミンCが摂れることで他の青汁とはちょっと違った効果があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ